ガス・石油給湯器・エコキュート埼玉|株式会社ユーテック

フリーダイヤル:0120705010

トップページ >  光熱費削減キャンペーン

光熱費削減キャンペーン

ガス給湯器 ⇒ ハイブリット給湯器に交換して光熱費を安くする!

 

現在ご使用のガスや石油給湯器が故障して、これから『光熱費を削減したい』とお考えのお問い合わせがとても増えております。

ガス給湯器から『エコキュート』への交換も、多数のご注文を頂いておりますが、

『コンロはIHヒーターより使い慣れたガスコンロがいい』

『エコキュートより光熱費の安いものがいい』

という方にはズバリ!ハイブリット給湯器がお勧めです!

 

ユーテックではそんなご要望に応えるべく

ガス給湯器⇒『ハイブリット給湯器』への交換キャンペーンを実施中です!


●ノーリツ ハイブリットGT 24号フルオート+マルチリモコンセット

通常価格746,000円が

工事費全部コミコミ価格

548,000円(税込)!

既存給湯器撤去・電気配線工事・申請費・給水給湯配管・基礎・設置費含む


●リンナイ  エコワン 24号フルオート+マルチリモコンセット

通常価格786000円が

工事費全部コミコミ価格

588,000円(税込)!

既存給湯器撤去・電気配線工事・申請費・給水給湯配管・基礎・設置費含む


 

本当に光熱費が安くなるのかを実際のシュミレーションを基に検証してみました。

 

4人家族さん10年間の給湯+コンロ光熱費の比較

(ノーリツ・シュミレーションより)

(ガス料金により多少の価格差があります。)

1位 ハイブリット給湯器+ガスコンロ(都市ガス) 210万円

2位 石油給湯器+ガスコンロ(LPG)                        216万円

3位 ハイブリット給湯器+ガスコンロ(LPG)  224万円

4位 エコキュート+IHヒーター         228万円

5位 ガス給湯器+ガスコンロ(都市ガス)     250万円

6位 ガス給湯器+ガスコンロ(LPG)      280万円

 

LPGのガス給湯器とハイブリット給湯器を比較すると10年間で56万円もの差額が生じます。

初期投資は、現在のガス給湯器が壊れて同じガス給湯器に交換した場合は約14万円。ハイブリット給湯器に交換した場合は54.8万円。

差額が40.8万円になりますので、初期投資の費用を差し引いても10年間で16万円程お得になることがわかります。

ユーテックでは、しっかり元も取れてなおかつ光熱費が安くなる選択をご提案いたします。

 

 

 

 

『ハイブリット給湯器』の特徴を知りましょう。

ハイブリット給湯器とは電気とガスの両方を活用した大変効率のよい給湯器です。

ハイブリット給湯器の1次エネルギー効率はおよそ145%です。
ガス給湯器のエコジョーズは90%、エコキュートは107%になっています。
数字から見てわかるように、ハイブリットは非常に効率が高いのです。両方のエネルギーをバランス良く活用することで高い省エネを生み出しています。

 

●ハイブリット給湯器のメリットとは

  1. 電気とガスも使用するので『湯切れ』の心配がない
  2. 圧倒的な高効率145%(エコキュートは107%)
  3. 料理は火を使ったガスコンロにしたい。
  4. タンクがコンパクトなため設置スペースの制限や転倒リスクが少ない
  5. いざという時もガスと電気のライフラインがある
  6. エネルギー値上げの影響を分散化できる。
  7. ヒートポンプは深夜のみの稼働ではないので近隣騒音リスクがほぼない。 

 

●ハイブリット給湯器のデメリット

ずばり「初期の設置価格が高い」ことです。

ガス給湯器からハイブリット給湯器に交換した場合の一般的相場は約70万円~です。

 

 そんな悩みを一発解消!!

ユーテックではノーリツ製

『ハイブリット給湯器キャンペーン』にて

工事費コミコミ価格

『548,000円』(税込)でのご提供です。

この機会に給湯光熱費の削減をご検討してみてはいかがでしょうか!

 


noritzのホームページへRinnaiホームページへパーパスホームページへHARMANホームページへ

ページの先頭へ