ガス給湯器埼玉|株式会社ユーテック

フリーダイヤル:0120705010

トップページ > 給湯器交換の施工例をご紹介します! > 給湯器タイプ別 > エコジョーズ > さいたま市緑区大門の戸建て住宅にてガス給湯器の交換です!GT-C246SAWX-BL

さいたま市緑区大門の戸建て住宅にてガス給湯器の交換です!GT-C246SAWX-BL

2018年02月15日

さいたま市緑区大門の戸建て住宅にてガス給湯器交換のご依頼を頂きました!

古い給湯器はGT-2400SAW。

後継機種はノーリツGT-C246SAWX-BLです。

 本日は日中の気温がちょっと温かく感じたもののまだまだ寒波が今週到来するようです。インフルエンザもまだまだ猛威を振るっていますので体調管理にもお気をつけくださいね♪受験生の皆様もあとひと頑張りです♪ユーテックです♪

今回の豆知識は

給湯器の故障が増える時期

冬の寒い時期

気温が下がって寒くなると、給湯器が壊れやすくなる、とも言われています。人間や車も寒くなると調子が悪くなりがちですが、給湯器も同じということかもしれません。

夏の暑い時期に給湯器が不調で、お湯がぬるくなっても、気温が高いのであまり気になりません。気温が下がり始める秋口から冬にかけて、給湯器の不具合が気になりだして、給湯器の業者への問い合わせが増えるのではないかと思われます。

気温が寒くなる晩春~冬、初春にかけて、給湯器の故障による交換需要が増えますが、工事ができる職人さんの人数は一定ですので、寒い季節に交換を依頼すると、工事日まで1~2週間待つこともザラです。

土曜日や休日の工事を希望すると、給湯器のタイプや、住んでいる場所によっては1ヶ月近く待たされる場合もあります。春~夏の季節で、はやめに交換しておくのも手です。

台風・雷雨の翌日

業界では知られていることですが、台風や雷雨の翌日は、給湯器が壊れたり、故障が増える傾向があります。横殴りの雨が長時間降って、水が機器の内部に入り込んで、入り込んだ箇所が悪いと不具合を起こすようです。

放置しておくと、(運がよければ)いつの間にか直っている場合もあるのですが、やはりお湯が使えなくなると不便なので、問い合わせが増えます。

施工写真

ユーテックでは創業15年の実績と信頼で仕入れ価格と広告費を最大限におさえ、その費用分をお客様に還元してご提供しております!

 

 

給湯器の交換は給湯器のプロにお任せください!

安心の保証制度と追加費用なしの工事費コミコミ価格で

お客様の不安を一発解消いたします!!

 

給湯器交換専門店 株式会社ユーテック

フリーダイヤル 0120-70-5010  まで

 

 


noritzのホームページへRinnaiホームページへパーパスホームページへHARMANホームページへ

ページの先頭へ