ガス・石油給湯器・エコキュート埼玉|株式会社ユーテック

フリーダイヤル:0120705010

トップページ > 給湯器交換の施工例をご紹介します! > 給湯器タイプ別 > ガス給湯器 > 鶴ヶ島市富士見の戸建て住宅にてガス給湯器の交換です!GT-C2062SARX-BL

鶴ヶ島市富士見の戸建て住宅にてガス給湯器の交換です!GT-C2062SARX-BL

2019年05月09日

鶴ヶ島市富士見の戸建て住宅にてガス給湯器交換のご依頼を頂きました!

古い給湯器はGT-2028SARX。

後継機種はノーリツGT-C2062SARX-BLです。

 

豆知識 正しい半身浴の方法

お風呂のお湯はぬるめに設定する

お風呂の温度は41度前後が適温といわれていますが、半身浴の場合は37度~40度が適温です。また、肩が冷える場合はタオルをかけたりかけ湯をしたりして温めながら入浴します。ついリラックスして浴槽のふちに頭を乗せる人も多いでしょう。しかし、このような姿勢になると首から肩にかけての血行が悪くなって肩こりの原因になります。半身浴中は頭をまっすぐにしておきましょう。体が芯から温まり、発汗するのは大体20分後からです。ですから、最低でも20分は湯船につかっていましょう。お風呂のふたを首のあたりまで閉めれば、簡単な机になります。蒸気を閉じ込めてサウナのような効果になりますから、より発汗効果が期待できるでしょう。
さらに、発汗を促す入浴剤などを使えば、より効果的です。

また水分を補給しながら入浴すると、体に負担がかかりにくいでしょう。しかし、水分であれば何でもよいというわけではありません。緑茶やコーヒー、紅茶は利尿作用があるため、水分補給には向かないのです。スポーツドリンクは水分補給にはぴったりですが、意外と糖分が高いので、ダイエット効果を期待して入浴している人にはお勧めできません。論外なのはアルコール。お酒は血管を拡張させる効果がありますから、入浴中に飲めば立ちくらみなどの危険があります。入浴後すぐにビールを飲むのもやめましょう。体が冷えますし、利尿作用でせっかく補給した水分も失われてしまいます。水分補給は水が一番です。できればあまり冷たくない、常温に近い水を飲みましょう。

それでは今回の施工例です。

施工写真

工事費コミコミキャンペーン実施中です。

給湯器とご一緒にガスコンロの交換も承っております。

同時に頼むと大変お得なキャンペーンです。

 

お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-70-5010  まで

 

給湯器・ガスコンロ交換専門店

株式会社ユーテック

お問い合わせはフリーダイヤル・もしくはメール・担当携帯までご連絡お願い致します。

フリーダイヤル0120-70-5010

MAIL info@u-tech.tv

 

 

 

 


noritzのホームページへRinnaiホームページへパーパスホームページへHARMANホームページへ

ページの先頭へ


フリーダイヤル無料見積